• ホーム
  • 学校紹介
  • 学科紹介
  • 募集要項
  • キャンパスライフ
  • 資料請求

学校紹介

在校生からのメッセージ

大久保 志穂さんの写真

大久保 志穂さんH30年度理容科卒 倉吉市内勤務

学生の時は、仲間と一緒に大会や国家試験に向けて練習する毎日でした。
理容科では大会に出場する機会が少なく残念でしたが、私は2年間学生技術大会のカット競技に参加しました。大会に出て他校の学生たちと競い合うことにより新たな目標が生まれ、それを達成するために努力する喜びを感じました。
サロンに入ってからは、やることが多くて大変なこともあるけど、毎日が新しくて楽しく仕事をしています。
「ありがとう、気持ちよかった」その言葉を聞くだけで嬉しくて、もっと喜んでもらえるように頑張ろうと思います。まだまだ勉強の毎日ですが、これからもお客様を笑顔にできる理容師になれるよう頑張ります。
努力は必ず報われます、入学を考えてる皆さん頑張ってください。

門田 美香さんの写真

門田 美香さんH30年度理容科卒 倉吉市内勤務

学校生活はとても充実していました。座学、実習共に友達と教えあったりアドバイスをあげたり、貰ったりとお互いがお互いを尊重し合える楽しい時間でした。
サロンに努めて感じることは、基礎が本当に大切だということです。
普段からコミュニケーションが取れていたか否かということとお客様への気持ちです。これらをふまえた上で、どれだけ学校生活を大切にして送っているかだと思いました。
何事にも最後は自分の気持ち次第だと思います。これから入学を考えている皆さん、自分の目標を持って頑張ってください。

鈴木 卓巳さんの写真

鈴木 卓巳さんH30年度理容科卒 鳥取市内勤務

学校生活を振り返って、僕は勉強が苦手でしたが大会や国家試験に向かって練習や勉強を仲間と一緒に頑張っていくことができました。分からないところや出来ない部分をお互いに教えあうことにより出来たときの喜びや嬉しさを感じることができました。
サロンに入ってからは、シャンプーやカラー塗布など覚えなくてはいけないことが沢山ありますが毎日楽しくサロンで頑張っています。
理容師の数は減少していますが、男性で将来のことを考えると、年老いてからでもできる理容を選んで良かったと感じています。
これから入学を考えている、理容・美容どちらにしようか悩んでいる皆さんどちらにしても自分が決めた道をしっかりと歩んでいってください。

樫原 裕二さんの写真

樫原 裕二さんH30年度美容科卒 大阪市内勤務

学校生活を振り返って、僕はワインディングに力を入れていました。
サロンに勤めてから実際に習った巻き方をするかというと全然しませんが、ワインディングの技術をするときに使う姿勢や考えかたはサロンでの技術をおこなううえで必要な場面がすごく多いです。
学生時代から何かを頑張ることは後々に繋がっていくので、自分で目標を決めそれに向かって頑張って下さい。そうすることでサロンに入ってからも楽しく、充実した日々を送ることができます。

金谷 結衣さんの写真

金谷 結衣さんH30年度美容科卒 東京都勤務

学校生活では友達と技術を高めあいながら楽しく過ごしました。
就職や勉強では先生方に沢山支えられた2年間だったと感じます。
社会人になって感じたことは、楽しむ事と素直でいることでした。
毎日同じ事の繰り返しで億劫と思うのか、それとも毎日同じ事をする中でどれだけ自分が成長できるのかと思うのでは、凄く結果が変わってくると感じました。
就職して半年程ですが、素直さと初心を忘れずに毎日過ごしています。
私はこの仕事が大好きなので毎日プラス言葉を発言していたら沢山の方が応援してくれます。
全て自分次第になるので、今は学生時代の倍は楽しく働いています。
これから入学を考えている皆さん、学校で努力した分は必ず就職してから自分の力となります
2年間という短い学校生活ですが頑張ってください。

安岡 ゆづきさんの写真

安岡 ゆづきさんH30年度美容科卒 神戸市内勤務

学校生活を振り返って、「あっ」という間の2年間でした!同じ目標を持って国家試験や大会に向かって友達と練習することで、とても楽しい学校生活を送ることができました。
学校生活で学んだことが今、サロンで働いている中でも沢山活かされています。県外就職で大変な事も沢山あるけどその分、新しい事をいろいろ学ぶ楽しさもできました。目標を持って一つ一つクリアしていく事でできる仕事が増えていく楽しさと、お客様に笑顔になってもらう喜びを日々
感じながら頑張っています。美容師に興味がある人は目標を持って頑張ってください。

森田 明穂さんの写真

森田 明穂さんH30年度美容科卒 鳥取市内勤務

私がアイリストになったのは、学校でのマツエクの授業がきっかけでした。
学校で基礎を学んでいたので、実際サロンに入ったときさらに高い技術を習得することができました。サロンでは大変なこともありますが、お客様の笑顔のために毎日頑張っています。